仰向けで寝ると腰が痛いというお悩みと整体

本日いらした患者さん。

「夜寝るときに、仰向けで寝ようとすると腰が痛くなっちゃうので、横向きで丸まって寝ています」とおっしゃっていました。

こういったお悩みの方、結構いらっしゃいますね。

 

あと、「寝るときの姿勢はどういった姿勢がいいのですか?」というご質問も多いです。

やはり、理想は「仰向け」で寝るのがベストだと思っています。

その方が姿勢が伸びて良いからです。

ただ、今日の患者さんのように、仰向けで寝ると腰が痛いのであれば、無理はせず、寝やすい格好で良いかと思います。

 

本来の良いお体であれば仰向けで寝ても痛くて寝られないって事には通常なりません。

仰向けで寝ると腰が痛いというのは、それだけお体全体や腰にダメージが蓄積していると考えられます。

 

こういった方の背骨をチェックすると、背骨関節が固く動きが悪くなっていることが多いです。

背骨は関節というので上の骨と下の骨がつながっています。

負担がかかっていて、悪い状態は、その関節の動きが悪く固くなってしまっています。

ちなみに、この固さはレントゲンでは分かりません。

実際動かして、検査をすると分かります。

 

今日の方も背中や腰の部分の骨の関節の動きが悪く、結果、まわりの筋肉も固くなって、腰が反りにくい状態でした。

 

仰向けで寝ると、腰は反る方向へややシフトします。

今回のケースでは、腰が反りにくい状態なので、仰向けで寝ると腰が痛くなりやすかったのですね。

 

しっかりと骨盤や背骨の調整をして、腰の骨の関節の動きも回復して、大分緩和出来たと思います。

もう少し、調整を重ねて行けば、仰向けでも寝られる状態になると思います。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Print this pageEmail this to someone
船橋カイロプラクティックオフィス 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel047-425-2159

Tel047-425-2159
タップして電話する

千葉県船橋市本町4-1-11 平田ビル2階
総武線 JR船橋駅南口から、徒歩1分

ページトップへ戻る