低気圧になると頭痛がつらいワケ

なぜ、台風が来たり、雨になったり天気が崩れると頭痛が起きやすいのでしょう?

当院にも「雨の前後は頭が痛くてつらいです・・・。」とか、「台風が来てるので体調が悪くてダメです・・・。」など、一見関係ないようなことで、お体の調子が悪くなったり、ひどい頭痛が出たりする方がいらっしゃいます。

上記のような症状は、実は「低気圧」による影響の可能性が高いです。

低気圧になると頭痛が起きるメカニズム(原因)とは?

  • 「脳の血管の膨張」・・・低気圧によって体にかかる圧力が下がると、全身の血管が緩んで膨張します。脳の血管も膨張すると神経を刺激して、脈打つようなズキズキとした頭痛が出やすくなります。こういったタイプの頭痛は、吐き気も出たり、光がまぶしく感じたりすることも多いです。
  • 「血行不良になり筋肉が緊張するため」・・・気圧が下がると同時に血圧も下がります。血圧が低いと血流を押し流すポンプの力が弱いということになり、体の血流が悪くなります。血行不良になると肩や首回りの筋肉も緊張して、血行不良による頭痛が出やすくなります。
  • 「空気中の酸素の量が少なくなるため」・・・例えば、高い山に登ると酸素が薄くて頭痛や耳鳴り、めまいなどが起きやすくなります。それと同じような感じで、低気圧になると低地でも高い山のような状態になっています。

当院のカイロ・整体では

上記のように気圧の変化や、低気圧になると、血管の膨張や血行不良になりやすいので、骨盤や背骨の歪み・バランスを整えて、体の筋肉の緊張を改善して、血液など体内循環を正常にしていくことが大切です。

結果、頭痛などの症状が緩和したという多くの感想をいただいています。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Print this pageEmail this to someone
船橋カイロプラクティックオフィス 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel047-425-2159

Tel047-425-2159
タップして電話する

千葉県船橋市本町4-1-11 平田ビル2階
総武線 JR船橋駅南口から、徒歩1分

ページトップへ戻る